2016年08月06日

Firefox 48とFirefox Developer Edition 50.0a2とEasy DragToGo+日本語版と

Firefox 48が公開されました。
今回、未署名アドオンが利用不可になりましたね。
延びに延びましたが、とうとうです。

さて、今回はFirefox Developer Edition(以下Developer)についてちょっと。
Firefox 48が公開された後、Developerを49.0a2から50.0a2にバージョンアップして使っていましたが、どうもEasy DragToGo+が全く動作しないようです。
つまり選択テキストのドラッグも、リンクのドラッグも、そして画像のドラッグも一切指定の動作にならない。
不便だ。
*因みにDeveloper 50.0a2でアドオンをEasy DragToGo+だけにしても使えないのは変わらず、49.0a2に戻したら問題なく使えたので、やはり50.0a2との問題のようです。

Developerと言えども基本部分は正式版とそんなに変わりないでしょうから、このままだとFirefox 50になった頃、Easy DragToGo+が利用不可の可能性があります。
その頃での作者の修正に期待します。

さて、当サイトで配布しているEasy DragToGo+日本語版ですが、Firefox 48では未署名アドオン利用不可ですし当方でも署名する予定はありません。このまま使い続けるには
1. Unbranded Buildsを利用する
2. Cyberfoxなど派生ブラウザを使う
3. 利用者が個人用に署名して使う
4. 作者サイトの署名版を使う(但し日本語版ではない)
等があります。
1.はアドオン開発用としてのものなので、署名チェックはありません。そして今現在のバージョンは49.0b2だから使えてます。ただし英語版のみです。
2.は、私はCyberfox 48.0も使っていますが、署名チェックされずに使えています。
3.は検索すると方法が載っています。
4.は言わずもがな。
いずれかの方法で使い続けることができますが、バージョン50以降も使えるかどうかは...

あ、ESR版を使うというのもありかも。
Unbranded Builds(いわゆるノーブランド版)と悩みましたが、少しでも長くアドオンが使えるからESR版にしました。
動作ですが、現在ESR版のバージョンは45.3.0で、使えてます。


posted by 陽電子 | Mozilla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。